雨1.jpg

アートプロダクトブランド 「 雨  ame 」

 

自然の壮大な景色を、室内の一画や手のひらの中で大切に愛でる。

それは盆栽や坪庭、縁側にも通じる、とても日本的な情緒かもしれません。

美術作家・華道家の亀井紀彦が生み出す作品は、生花だけでなく、プリザーブドフラワーやアートフラワーを

用いたものもすべて、自然を目にしたときのように心が潤う感覚をもたらす作品でありたいと思っています。

そうした願いから、作品群を「雨」と名付けました。

亀井紀彦は2007年東京造形大学大学院修了。大学時代から茶道及び華道を学び、草月流師範を取得。

草花を始め自然物を素材に、花の世界でこれまでにないアプローチで作品を制作。

近年はオランダ、フランス、ドイツにて「花山」シリーズを発表。

2020年7月、鎌倉市にアトリエ「雨  北鎌倉」をオープン。

円窓
- marumado-

絵画のように壁に掛けて鑑賞する新シリーズ「円窓」。円く切り取った窓の外に広がる理想の景色を表現しています。素材はアートフラワーを使用し、20~30年とより長きに渡り楽しむことができます。 “景観”も、「花山」や「玉手箱」のような空から俯瞰して景色を見下ろす鳥の目線から、人が窓越しに眺める等身大のものへと変化しています。それは平面の中に奥行きを表現するという、より絵画に近い感覚です。 禅の世界において、円窓は悟りの心や宇宙を表すと言われます。円形の窓枠から覗く、美しく静穏な世界。ふと壁に視線を移せば、そこには色褪せることのない景色が広がります。

DSC_9506.JPG
DSC_9316_edited.jpg
662A0ECB-4870-44A5-A0DD-423D7461FF1B.JPG

玉手箱
- tamatebako-

そっと開ける愉しみ、そして蓋を閉じ、秘める悦び。 小花で作られた花畑を、鉄作家による蓋付きの容れ物に閉じ込めたシリーズ。 漆黒の容器は蜜蝋仕上げのマットな質感で、鉄素材の重みを 感じながら蓋を開けると、目にも鮮やかな景色が浮かび上がります。 蓋を開ける行為が気持ちを整える、手のひらの宝箱です。

DSC_6545.jpg
DSC_6448.JPG
DSC_5950.JPG

時山
- tokiyama-

時を飾る、ブリザーブドフラワーの一輪挿し。 架空の森のようなグリーンの部分はプリザーブドフラワーの葉や苔で作られ、 2〜3年変わらぬ緑を保てます。緑の中にはガラスの小さな一輪挿しが隠れており、 散策の途中で出会った野草や野の花を一輪挿すことで、新しい景色が生まれます。

DSC_5533.JPG
DSC_5520.JPG
DSC_6275.JPG

景色風
- keshikifu-

手のひらにおさまる存在しない景色と、その景色にそよぐ風を香りで表現したアートプロダクトです。桜島で採取した浮き石にプリザーブドフラワーやドライフラワーを挿し、未知の風景を作りました。景色のイメージに合わせ、調香師が柚子やヒノキ、紫蘇など日本独自の天然香料を用いて調合したアロマオイルが付いており、1滴垂らせば香りの「風」を感じることができます。

*ブレンドオイルとセットになります。

DSC_0377.JPG
Hanayama 花山 はなやま
DSC_8040.JPG

花 山   生花
- Hanayama  fresh flower -

生花を使ったシリーズ。平らな器に

色鮮やかな季節の小花を一本一本、ピンセットで挿していき、

まるで空を舞う鳥の目線で見るかのような架空の景色を作ります。

Hanayama 花山 はなやま
Hanayama 花山 はなやま
Hanayama 花山 はなやま

花 山    プリザーブドフラワー

Hanayama  - priserved flower -

長く観賞できるプリザーブドフラワーで表現したシリーズ。

小花を使い、より細密に、風景画を描くように景色を作ります。

手のひらに載る色とりどりの花畑は、“ここではないどこか”

へといざないます。

Hanayama 花山 はなやま
Hanayama 花山 はなやま
Hanayama 花山 はなやま